<< わわわっ! | main | 今年も・・・。 >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.04 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


号泣!号泣!号泣!

いやはや、泣いた泣いた。
さてはて、何年振りか?って位の大号泣だ。
うぐっ!えぐっ!ひっひっひっく・・・ぐぇっぐ・・・ずびびっ・・・うぅぅ・・・あぐあぐ・・・。
って具合に泣いた。
顔中びっしゃびしゃだ。
男三十二歳、幼い頃から男が泣いて良いのは親が死んだ時だけだと育てられて来た、九州男児のこの私が、何にここ迄泣きまくったか?ってと・・・。
ドラえもんである。
『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』である。
こないだテレビでやってたのを録画していたので、久々の稽古休みを利用して観たのである。
噂には聞いていたのだけれど・・・ここ迄とは・・・感服である。
なんですの?もう、何か知らんけど、私なんてオープニングの「シャララランラン、歌を唄おう・・・」の歌い始めから軽く喉が詰まってる訳ですから、エンディングなんて予想するに難くない。

まぁ、ストーリーは、ゴミ塗れの裏山の中でのび太が見付けた一本の苗木。ママの反対を受け庭に植える事の出来ない苗木を、のび太はドラえもんの道具で自由に動き回れる様にしてあげる。
その木は『きー坊』と名付けられ人間達と心を通わしていく。
そして、のび太とドラえもん、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんはきー坊と共に植物型宇宙人の星に迷い込む。
彼等宇宙人の目的は地球の緑を守る事、それはすなわち、地球の人類を滅ぼす事。
のび太等は地球を救えるのか?人類の未来、植物型宇宙人の未来、そして、緑の巨人に飲み込まれたきー坊の運命は・・・?
といった感じの話。

ドラえもん史上他に類のない壮大なスケールと感動。
何一つ考えさせられない事のない、何処を取っても涙ぐめない所のない、最高傑作ですよ。
もう、堪らないっすよ。
何で、映画館に観に行かなかったか?いや、むしろ大衆の面前でこの泣きっ面を晒さずにすんだ事を有り難く思うべきか・・・。
とにかく、大大傑作である。
アニメ映画なら『もののけ姫』より壮大、『クレヨンしんちゃん大人帝国〜』よりも感動。

これは、大賛辞である。
多分、生野史上五本の指に入る位の傑作映画でしたね。
・・・褒めすぎか?
いやいや、そんな事はない・・・皆様、興味がありましたら是非!

スポンサーサイト

  • 2011.06.04 Saturday
  • -
  • 22:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2009/02/14 5:49 AM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
【ハンザキ情報】
ハンザキ伍ノ噺『広目の眼』上演決定。 2010/11/30 19:30〜 2010/12/1 19:00〜 高田馬場プロトシアターにて料金980円! ★ハンザキ×ネット小説 『双子探偵チョコレート』不定期更新中 http://chocolatetwins.blog87.fc2.com/
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM