<< 花粉と戦う | main | 言葉センス >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.04 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


観劇とちょっとした抵抗

CA3F0359.jpg
折角ほんのり温かくなって来たのに、またまた馬鹿寒い季候に逆戻り、なかなか春めいてこない日々にイライラブルブルしてます。
生野です。

で、先週の木曜日、池袋のシアターグリーンに『CAPTAIN CIMPANZEE』って劇団の芝居を観に行く。
妖精世界の住人達がシェークスピアの『真夏の夜の夢』を演じる。その劇は少しずつ少しずつ破綻を始める。妖精世界に人間が紛れ込み、夢と現が入り乱れ、ついには真夏の夜の夢がベニスの商人に・・・。
上演後、スンスン泣いてる人が結構いましたね。
私はそーゆー時に泣けない男です。
部屋で独りの時はよく泣いてますが・・・。

で、金曜日、下北沢のOFF・OFFシアターに『温泉キノコ』って劇団の芝居を観に行く。
歌あり踊りありパロディありのオムニバスコント。
終演後アフタートーク。
私はアンチアフタートークの人間ですから、カーテンコール後早々に帰ろうと用意していると、有無を言わさぬ早さでアフタートーク開始。
「え?マジで?」
と思いつつ、半ば諦めてアフタートークを観ていると、客席後方の一組が退席。
これを期に、とコートを掴むと、舞台上の演者が・・・。
「あっ、帰られるんですね」「まぁ、強制じゃないですからね・・・」
と、自虐的に客をクスクス擽る・・・。
・・・。
より、アフタートーク嫌いになりました。
次からは意地でも帰ります!

で、土曜日、小竹向原辺りにあるスターダス21ってプロダクションのアトリエに同プロダクションの養成所の卒業公演を観に行く。
休憩挟んで二時間半の大作。
卒業公演で重いわ!
と思いつつも・・・。
ある河のほとりで洗濯をする女達、彼女達は軍隊に虐げられている。
そんな時、河に一体の死体が流れてくる。
その死体の正体は・・・。
女達の抑圧が崩壊する・・・。
いやぁ!面白い話でしたね!
ただ、演出上、場内が埃っぽく、アレルギーに敏感になりだしてるこの時期の私としては、鼻水涙ズルズルでキツかったっすね。

で、月曜日、阿佐ヶ谷のザムザ阿佐ヶ谷に『阿佐ヶ谷南南京小僧』って劇団を観に行く。
ある博士が自分の結婚相手を探す手伝をさせる為にフランケン、ドラキュラ、狼男を作る。
が、彼等は気付くと自我を持ち、勝手な事を始める・・・。
コメディの奥に毒を盛り込んだ舞台でしたね。
しかし、この劇場、舞台から客席まで全面木張りでカッコイイ!
土禁でなければ最高なのに・・・。

で、先日産まれた成Gの息子『航基』。
皆が皆「可愛い可愛い」と褒め散らかすから、こんなんじゃ、航基の為にならないと、私だけは『普通よりちょっと可愛い』と言う事にした。

スポンサーサイト

  • 2011.06.04 Saturday
  • -
  • 22:48
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
まぁ、生まれたての赤ちゃんは皆『ガッツ』か『鶴瓶』似らしいからね。
  • 生野
  • 2011/03/10 1:12 PM
結構ぶさいくな時も確かにある。
  • JG
  • 2011/03/04 10:18 PM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
【ハンザキ情報】
ハンザキ伍ノ噺『広目の眼』上演決定。 2010/11/30 19:30〜 2010/12/1 19:00〜 高田馬場プロトシアターにて料金980円! ★ハンザキ×ネット小説 『双子探偵チョコレート』不定期更新中 http://chocolatetwins.blog87.fc2.com/
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM